目の病気に関する備忘録

身近な目の病気に関する予備知識として

目は、とても重要な組織ですが、目の病気についてどのくらいの知識があるでしょうか。近視や遠視、白内障などは、良く聞く病名ですが、加齢黄斑変性症や糖尿病網膜症など、失明するリスクが高いのに、それがどういうものなのかはっきりとはわからないものです。

目の病気は、一部の病気がちな人が発症するのではなく、ライフスタイルや職場環境などによって、誰にでも発症する恐れも十分考えられるものです。もしもこれらの病気を発症し、自覚するようになってからでは、既に手遅れになってる場合も多くあります。

いち早く病気の兆候に気づく必要があり、その為にも、それがどのような病気であるのかということを把握しておくことに越したことはありません。目の病気は、自覚してからでは手遅れという場合も有ります。いち早く病気の兆候に気付く事で治療の機会を逃すことも無くなります。

一般的に誰にでも起こる視力障害には、近視や乱視、遠視などがありますが、これらは、体質的なものも関係していますが、大半は、目を酷使している事です。ずーっと近くのものばかり見ているとピント調整が出来なくなり遠くのものが見えにくくなります。

また、老化とともに起こる率が高くなる網膜や黄斑の病気は、失明のリスクを伴うものも多くあります。そうした病気について知っていて対処方法を把握しているのか、それとも、何も知らずに行き当たりばったりとなるかでも、目の病気のリスクを下げる事に繋がると思います。

白内障目薬
海外では、白内障もNアセテルカルノシン点眼薬であるCAN-Cを使用して治療するケースが増えているそうですが、日本でも利用者が増えているようです。また、正規品以外の流通もあるという事なので、必要な場合には、この辺も確認しておきたいところです。

ルテインサプリメント
網膜の健康だけではなく水晶体が酸化するのを防ぐ上でもルテインは有効なようです。つまり目の健康には欠かせない色素成分と言えますが、普段の食事からの摂取は限られるのでサプリメントを上手に活用し不足分を補う事が予防につながります。

パソコンなど電子機器の普及とともに目も酷使の傾向

今から20年近く前には、1台購入するに数十万円していたパソコンも今では、数万円で購入出来るようになりました。

一家一台が珍しかった時代から、今では、一人一台、二台が当たり前の時代です。

パソコンの画面の解像度やブラウン管ではなくなったことで目に与える負担もかなり軽減されてきてはいるものの、それ以上に、使用する時間が増えてしまっては、目に大きな負担となるのは言うまでもありません。

それでも、パソコンはなくてはならないものでもあるので、上手につき合っていく為にも、適度なバランスが必要です。

喫煙やストレスがもたらす目への悪影響

目に影響を与えるのは、パソコンのように眼精疲労の直接的な原因となるものだけではありません。喫煙なども目の病気を引き起こす引き金となることがあります。現代人に増えている目の病気の一つである加齢黄斑変性症は、煙草の喫煙によって発病リスクが高くなると言われています。

ストレスなども関係していて、過度のストレスに長いことさらされると体内の抗酸化成分が消費され、抗酸化成分の少なくなった身体は、老化しやすくなります。これは、目の中でも起こっている事で、黄斑部の老化を引き起こし加齢黄斑変性症を引き起こす事に繋がるようです。

加齢黄斑変性症を発症すると、まずは、視界の中心あたりがゆがむように見え、何も処置を施さなければ、失明に至る危険性があります。いずれにしても、体内の有害物質に対する抵抗力も落ちそれらが目の病気を引き起こすきっかけともなっているのです。

そうした状況を防ぐ為にも、目の病気について知ると同時に、どのように生活を改善して行けば良いのかを考える事も同時に必要な事ではないでしょうか。そういったことを考えるきっかけとしても、少しでも参考になれば良いなと思っています。

病気では無いから厄介な飛蚊症

身近な目の障害の中で、老化現象として現れるものが有ります。それが、飛蚊症です。飛蚊症は、何等かの病気だったり失明に至るという危険性は有りません。なので放っておいても特に問題の無い場合がほとんどです。

自覚症状として、黒い点、もしくは、ホコリのようなものが常に目の前を浮遊して見える状態で、その原因は、目の中の硝子体という組織に関連が有ります。硝子体の成分が年齢と共に弱り、その一部が破断して浮遊する事で、光の進入を邪魔して網膜に影となって残る事で黒く見えるのですが、目の動きに合わせて上下左右と動きます。

病気では無いものの、常に付きまとっているような煩わしさから、どうにか改善したいと考えている人もいるようです。しかし、飛蚊症は、ちゃんとした治療方法は有りません。

ですが、どうにかこの煩わしい飛蚊症を改善したいと考えている人も多く、それぞれに、自己流の方法で改善を試みている現状が有ります。中でもサプリメントの活用などによって、飛蚊症の進行が抑えられたり、軽減する場合も有るようです。

そうした方法で実際にどこまで効果が有るかは、判断が難しいところですが、何もやらないでただ進行するのを待っているよりは、何か取り組んで少しでも改善できる方法を選ぶべきだと思います。そういった意味でも参考になるかもしれません。

関連情報など

参考サイトや関連情報、または、気になるサイトなどの一部を紹介。

クリアブルーイージー
海外製なのに高性能で人気の排卵検査薬の一つであるクリアブルーの価格や購入方法など確認する事が出来ます。他にも、海外製ながら日本で利用されている方の多い製品などについての情報、タイミングを合わせるために押さえておきたいポイントなど確認出来ます。

シラミ駆除
日本のシラミ駆除剤は、卵には無効なようですが、海外製品の中には、成分が天然由来なのに卵も駆除できる画期的な製品があるようです。これを用いれば、今までよりも短時間でアタマジラミを治す事ができるようです。