ドライアイ

パソコンなどにより増えている目の乾き

涙は悲しくなくても目の表面を保護する為に、少しずつ分泌されていて、目の表面に薄い保護膜を形成する働きがあります。

涙は、粘液層、水層、油層の3部で構成されているので、水と同じではないのです。

涙が正常に分泌されることで、目の表面は外部からのゴミやウイルス、細菌などの侵入を防ぐことができます。

目を保護する働き以外にも、眼球表面に栄養を与える働きも担っています。

この涙の量が減って眼の表面が乾いてしまう症状がドライアイです。

ドライアイを発症すると、目に強い乾燥感を覚えてしみるような感覚が出ますが、様々な眼病引き起こすきっかけともなり兼ねません。

また一概にドライアイと言っても、涙の量が減少していることやそれらに加えて何らかの傷などがある場合に呼び方が異なります。

  • 涙液減少症:涙の量の減少
  • 乾性角結膜炎:更に傷がついた状態

ドライアイの一般的な原因は、近年の環境の変化によるものと考えられます。

特に、パソコンやモバイル端末等を使用する回数の増加、テレビの視聴時間等もこれらの影響として濃厚です。

病的なものでは、シューグレン症候群という自己免疫による唾液腺と涙腺の破壊が関係しているようです。

ドライアイを治療する方法は、人工涙液を点眼する方法やまぶたの縁に涙点プラグを入れることにより、分泌された涙を貯めておく事で改善する方法があります。